エゴマのブログ

ミニマルな生活とノマドを目指す或る日の記録

うちの愛猫はカラダが虚弱なのか?

f:id:egomar:20180914101839j:plain

エゴマ@photolibrary

 名前は ニャンピー おす猫である

 

目の周りがときどき目やにで黒塗りかと思えば

 

まぶたをあかくはらして悪いニャン相になる

 

だいたいが一難去ってまた一難という感じで

 

この間は鼻風邪でもひいているかのように

 

じぶんの肌の露出している所に鼻水を飛ばし

 

一週間位だったろうか声帯を腫らしたかのような

 

まるで息も絶え絶えの有様な泣き声擬を出して

 

我々にふびんさを投げかけていましたが

 

やっと昨日から無事に鼻の傷はかさぶたのまま

 

ではありますが声は元に戻って安心した所です

 

実は武勇伝が有ったらしいのです

 

家猫として飼いたいのですが外の暮らしをへて

 

我が家を訪れたということもあってか

 

毎日外へ出たがって窓をカリカリと開けようとしたり

 

行儀よく窓の外を向いて小さな声を出したりして

 

アピールしてくるものですから

 

散歩用のリードにゴムひもを繋いで庭に出します

 

出入りがひんぱんなので大変なのですが

 

その日はいつも姿を現す雄猫の一匹が直ぐそば

 

まで近づいて来たものですからついに戦いになり

 

いつものか細い声ではなく猫らしい鳴き声を上げて

 

応戦した結果鼻の頭の小さな傷以外の痛手はなく

 

その晩は「割と強いんだねニャンピー!」と言われ

 

次ぐ朝から声が出なくなってしまいました

 

すぐにネットで検索してみると

 

「喧嘩して大声を出すとそうゆう事になるらしい!」

 

もし体調がおかしいようなら先生に診てもらおう

 

ということになったのでした

 

 ↓こちらでニャンピー紹介しています!

 

egomar.hatenablog.com

庭では郵便配達のお兄さんが

 

「リードに繋がれた猫は始めて見ました」

 

と言う声が聞こえます

 

それにしても猫には癒されます

 

猫も我々もこの環境に馴染んできたようです