エゴマのブログ

ミニマルな生活とノマドを目指す或る日の記録

無苦集滅道 「四諦なんてない」 by大乗仏教

f:id:egomar:20181029184335j:plain

エゴマ@photolibrary

 

最近仏教の必要性を痛感する出来事がありました

 

hasunoha[ハスノハ]というお坊さんに悩み相談ができるサイトがあります 

 

はじまりは2011311日の東日本大震災だということです

 

どの様な質問があり どの様に回答するのだろうと興味本位で覗いてみますと

 

問う悩める人々の多さと答えるお坊さんの真剣さに心を打たれました

 

印象に残るすばらしい回答も記憶しています

 

悩める人々が多くて答えてくださるお坊さんが足りない様です

 

悩める人々が多いこれが現状ですか しかし

 

まだまだ捨てたもんじゃないな 仏教!

 

まだまだ捨てたもんじゃないな お坊さん!

 

ガンバレーみんな!

 

 

久々に般若心経に目を通したく成り 仏教書 を開きました

 

暗唱できたはずの般若心経はすっかりリセットされていました

 

とりあえず内容に目を通していて発見してしまいました「四諦(したい)」の文字

 

 

・・・四角い写真・角字・・・四諦

 

 

四諦とは四つの諦(真理)ということです

 

 

苦諦(くたい)苦に関する真理−−人生は苦であるという真理

 

集諦(じったい)原因に関する真理−−苦の原因は欲望(執着)であるという真理

 

滅諦(めったい)原因の滅に関する真理−−欲を無くせば苦は無くなるという真理

 

道諦(どうたい)実践に関する真理−−八正道を実践するという真理 

 

 

ところがなんと 無苦集滅道 「四諦なんてない」と言ってます

 

 

なぜならば四諦→八正道→十二因縁は原始仏教の教理であり出家至上主義いわゆる小

乗仏教だからです

 

大乗仏教の教典である『般若心経』は「空」を力説している立場なので否定しています

 

四諦=空

 

仏教に関する本には必ず出ていた「苦集滅道」でしたが

 

四諦を引っ込めなくてはならないようです

 

軽く読み流していた「四諦」頭に無がついていました

 

また「空」と言われても難しいのですが

 

今の日本のお坊さん達は大乗仏教ですよねもちろん禅宗を含めて

 

ちょっとその辺を押さえて置くほうが良いようです

 

 

人は何かに付けて悪い方へ悪い方へと考えてしまいがちです

 

お坊さんはちょっと見方を変えて自分達を納得させてくれます

 

ありがちな一方向からばかりでなく色々な方向から物事を考える必要性を教えられてい

るのではないかと思います

 

以上を念頭に置いて改めて仏教書を読み直してみようと思います

 

 

ありがとうございました!

 

 

参考資料:

『入門般若心経の読み方』 ひろさちや著 日本実業出版社