エゴマのブログ

ミニマルな生活とノマドを目指す或る日の記録

ブッダの論理学・倫理・弁証法?

f:id:egomar:20190201090342j:plain

河津桜

 エゴマ@photolibrary

 

ブッダ論理学 五つの難問」何度も読んでます

かつてスッタニパータを読んだときゴータマ・ブッダを身近に感じ、神秘性は感じなかった。迷信を否定する者の当然の行いに思えました。

 今、繰り返し読んでいる (「ブッダ論理学 五つの難問」 石飛道子著 講談社選書メチエ) も同じ感覚をもっている。原始仏教経典とはこうゆうものかと思う。貴重な内容なので繰り返し読んでいるのですが、初期のじぶんの中にあった疑問は「仏教って何?」ということでした。そして、「諸悪膜作 修善奉行」に出会い、当たり前なことだと、白楽天同様の感想を持ちました。

スパッダよ、わたしは二十九歳の時に、善なるものを求めて出家した。スパッダよ、わたしが出家してから五十有余年の月日がたった。論理と法の地で活動してきた。これ以外のところには、沙門たるものはいない。(ディーガ・ニカーヤ)

 

仏教に論理学を持ち出したのは著者と龍樹だと言うことですが、じぶんにも厳然たる事実に思えます。説得力があります。論理と倫理、存在論弁証法と「真」「偽」等・・・確かに現代的なアプローチで、「これがあるからかれがある、これがなければかれがない」のようなことは読んだことがありますが、一冊を通して書かれた本を読んだのは初めてでした。

 

勿論じぶんが理解したいのは「空」です。論理学にも惹かれますが、まだまだ著者の興味深い本が他にもありますからそれらを読みますか。本当に頭の体操になります。三・四・六・八・十二なきど数字も多く出てきますが、仏教で頻繫に登場するので著者のせいではありません。

 

仏教の本質についても十二因縁説を取り上げ「生ずる道」いわゆる「順観」と「滅する道」いわゆる「逆観」をもって詳しく説いてくれています。「空」には欠かせない因果関係にありますから。

 

じぶんにとっては、常々道元禅師の炭と灰の話がこびりついていて、なかなか離れなかったのですが、じぶんなりに解けて来たような気がします。それは、ご存知のX軸とY軸があり、曲線が交点のゼロからX軸の正方向へ波が起こりY軸の正方向を目指し、また、Y軸のゼロに向かうというイメージが浮かびました。炭と灰でいったら、炭の曲線と灰の曲線が二つあるということでしょうか。

最初の説法

尊師はこのように言った。心かなえる五群の比丘たちは尊師の説を大いに喜んだ。そして、この解説がなされている最中に、コーンダンニャに、貪りと汚れを離れた法を見る目が生じた。

「およそ何であれ、生ずる性質のものは滅する性質のものである」と。(サンユッタ・ニカーヤ)

臨終の言葉

「さあ、今、比丘たちよ、わたしは告げる。『滅する性質のものは、諸々の事象なのである、怠ることなく修行しなさい』と。」(ディーガ・ニカーヤ)

 

その他にも仏教にとって重要なところについて、また、仏教の必要性も述べられています。

また、読みたいのでこのへんで失礼します。

 「ブッダ論理学 五つの難問」 石飛道子著 講談社選書メチエ

ありがとうございました。